宝塚 トップ 在任期間 最長

杜 けあき. だった逸材です。 半年のブランクを経て再び舞台に立つ彼女を末永く応援しましょう。 〔前スレ〕 心臓の持ち主です 半年のブランクを経て再び舞台に立つ彼女を末永く見守りましょう ①期間には w トップ時代も含めました。 ②途中で組替えされた方はそれぞれの期間を足し算しました。 ③退団せずに専科に行かれた方は専科に行かれるまでの期間にしました。 ④計算ミスしている場合がありますが、大体合ってたら良にしといてください。 1993å¹´7月31日. であるという実績だけを見ても明らかでしょう。 81年入団/67期. 1988å¹´11月30日~. の娘役トップ在任期間!伝説のタカラジェンヌ時代. である 12å¹´3ヶ月 に渡るトップ娘役在任期間を記録した、レジェンド的存在です。 その花總まりの 本名が「醍醐」 だったことで、醍醐虎汰朗の親ではないかと噂が浮上しました。 1990å¹´12月27日~. 1993å¹´3月31日. ョンが実現いたしました。 体力を要する舞台で大役を務める花總さんを「食」でサポートしていきます。 であった 。 2010å¹´ 、「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」で、舞台復帰。 であった。 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊直平の娘となった「佐名」を演じて話題にもなりまし … 79年入団/65期. 宝塚歌劇団トップスターさんの就任年に合わせた一覧を作成致しました。, どのトップスターさんが同期なのか、就任時の学年など気になったので調べました。トップスター就任時の年を軸に、入団年、入団期、研究科学年(宝塚歌劇団に入団後の年数)を記載しました。トップ娘役さんバージョンも作成したいと思います。, 引用するにはまずログインしてください, 引用をストックできませんでした。再度お試しください, 限定公開記事のため引用できません。, 現役タカラジェンヌの皆さまを、入団同期期ごとに表記しており…, タカラジェンヌの皆様の今後の退団と組替え予定です。公式ホー…, 現役タカラジェンヌの皆さまを、入団同期別に表にまとめました…, 宝塚トップスター就任データ 2017年版, 宝塚歌劇団生徒一覧 2020å¹´9月21日現在, 宝塚歌劇団生徒一覧 2019å¹´10月14日現在, 宝塚歌劇団生徒一覧 2019å¹´3月25日現在, 宝塚歌劇団生徒退団・組替え予定 2018å¹´10月15日現在, 宝塚歌劇団生徒一覧 2018å¹´6月17日現在, 宝塚歌劇団演出家一覧 2017å¹´9月4日現在, 宝塚歌劇団生徒一覧 2020å¹´12月1日現在, 宝塚歌劇団生徒退団・組替え予定 2020å¹´11月30日現在, 宝塚歌劇団生徒退団・組替え予定 2020å¹´9月21日現在. 研10-13. ¯çœŸè¼ã®ç›¸æ‰‹å½¹ã¨ã—て雪組トップ娘役に就任してから2006年に、宝塚歌劇団を退団するまで12å¹´3か月トップ娘役在任し、5人のトップスターの相手役を務めています。 トップ期間:2001å¹´7月3日~2004å¹´3月21日 トップ年数:2å¹´8ヶ月(日数:992日) 本公演(5作品) 花總 まり(はなふさ まり、1973年2月28日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組・宙組トップ娘役。, 東京都[1]、日本女子大学付属高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型O型[1]。所属事務所はブルーミングエージェンシー。, 1989年、宝塚音楽学校入学。同期には元星組トップスター安蘭けい、元花組トップスター春野寿美礼、元雪組トップスター朝海ひかるらがいる。, 1991年、宝塚歌劇団に77期生として入団。月組公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」で初舞台。その後、星組に配属。, 1994年、「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラ役(本役:一路真輝)で本来は入団して1年目~7年目までの男役が務める新人公演の主演を、娘役では異例の初主演を努めた。, 1996年、一路の退団公演「エリザベート」で、タイトルロールのエリザベート役を演じ、自身の代表作となる。一路退団後は、後任高嶺ふぶきの相手役となる。, 1998年、宙組に創設メンバーとして組替え。姿月あさとの相手役として初代宙組トップ娘役に就任。再演で2度目のエリザベート役を演じる。, 1999年、「激情-ホセとカルメン-」が第54回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。, 2006年7月2日、「NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。5人のトップスターの相手役を務め、12年3か月に渡るトップ娘役在任期間は宝塚歌劇団史上、最長であった[2]。, 2012年、FROM FIRST(フロム・ファーストプロダクション系列)に所属し、公式ブログを開設。, 2016年、第23回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞[3]。また、第41回菊田一夫演劇賞大賞を当時の最年少で受賞[4]。, 2018年、東宝製作のミュージカル「マリー・アントワネット」にて、主役マリー・アントワネット役として出演。, 2019年、日本でのウィーンミュージカル成功への功績として、オーストリア政府よりオーストリア共和国有功栄誉金賞を受賞[5]。, 母は元松竹歌劇団の青江奈美。1男3女の4人兄妹の末っ子[要出典]。5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習う。, 中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年の時に音楽学校を受験し合格[要出典]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 御垣悦子(1930年退団) ・・ 初代紅千鶴(1933年退団) ・・ 櫻町公子(1944年退団) ・・ 深緑夏代(1955年退団) ・・ 乙羽信子(1950年退団。戦後春日野主演時代雪組の主演娘役) ・・ 東郷晴子(1951年ころ。 主演した公演もあったがしばらく固定しなかった) ・・ 新珠三千代(1952年ころ) ・・ 浜木綿子(1956年~1960年の雪組公演の主演娘役は主に浜、1961年退団) ・・ 加茂さくら(1961年~1968年) ・・ 大原ますみ(1968年9月28日?~1970年5月8日?) ・・ 摩耶明美&高宮沙千(1970年5月9日?~1974年3月30日?) - 高宮沙千(1974年3月31日?~1976年4月5日) ・・ 東千晃(1976年9月28日?~1979年3月25日) - 固定スター不在(1979年3月26日~1980年4月7日) - 遥くらら(1980年4月8日~1984年7月30日) - 固定スター不在(1984年7月31日~1985年4月30日) - 神奈美帆(1985年5月1日~1988年11月29日) - 鮎ゆうき(1988年11月30日~1991年12月26日) - 紫とも(1991年12月27日~1994年3月28日) - 花總まり(1994年3月29日~1997年12月31日) - 月影瞳(1998年1月1日~2002年2月11日) - 紺野まひる(2002年2月12日~2002年9月23日) - 舞風りら(2002年9月24日~2006年12月24日) - 白羽ゆり(2006年12月25日~2009年5月31日) - 愛原実花(2009年6月1日~2010年9月12日) - 固定スター不在(2010年9月13日~2011年3月23日) - 舞羽美海(2011年3月24日~2012年12月24日) - 愛加あゆ(2012年12月25日~2014年8月31日) - 咲妃みゆ(2014年9月1日~2017年7月23日) - 真彩希帆(2017年7月24日~), 花總まり(1998年1月1日~2006年7月2日) - 紫城るい(2006年7月3日~2007年2月12日) - 陽月華(2007年2月13日~2009年7月5日) - 野々すみ花(2009年7月6日~2012年7月1日) - 実咲凜音(2012年7月2日~2017年4月30日) - 固定スター不在(2017年5月1日~2017年11月19日) - 星風まどか(2017年11月20日~), 高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ、但馬久美、朝香じゅん、秋篠美帆、安寿ミラ、真矢みき, 紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか、稔幸、真織由季、絵麻緒ゆう、神田智、湖月わたる、星奈優里、月影瞳(東京公演のみ), 真矢みき、純名里沙、愛華みれ、海峡ひろき、美月亜優、詩乃優花、紫吹淳、匠ひびき、渚あき、初風緑, 愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき(宝塚公演のみ)、伊織直加(専科)、楓沙樹、春野寿美礼、瀬奈じゅん, 和央ようか、花總まり、初風緑(専科)、安蘭けい(星組・東京公演のみ)、水夏希、大和悠河、遼河はるひ、彩乃かなみ, 中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年の時に音楽学校を受験し合格, 宝塚 DREAM FOREVER―100周年、そして、輝ける未来へ―#16「花總まり」, 小池徹平&加藤和樹のWキャスト主演 ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が帝国劇場で上演, プレミアムシンフォニックコンサート ~花總まり・女王たちの物語~ Xmasバージョン, http://www.oricon.co.jp/news/2074937/full/, https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/260801.html, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=花總まり&oldid=80342828, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 1995年1月・9月、『アリア 夢唄』(シアター・ドラマシティ・愛知厚生年金会館)白猫マリー役, 1998年9月、『バウ・ヴォヤージュ〜バウホール主題歌コンサート〜』(宝塚バウホール), 2002年12月~2003年1月、『聖なる星の奇蹟』(シアター・ドラマシティ・赤坂ACTシアター)リディア役, 2004年3月、『BOXMAN』(日本青年館・シアター・ドラマシティ)ドリー・ペイジ役, 2005年1月~6月、『ホテル ステラマリス/レヴュー伝説』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場・全国ツアー)ステイシー・ランカスター役, 『エリザベート』(2016年6月~10月/帝国劇場、博多座、梅田芸術劇場、中日劇場) エリザベート役, 『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(2016年12月~2017年1月/梅田芸術劇場、, 『レディ・ベス』(2017年10月~12月/帝国劇場、梅田芸術劇場)レディ・ベス役, 『マリー・アントワネット』(2021年1月〜2021年2月 / 東急シアターオーブ) マリー・アントワネット役 (*予定), 『25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜』(2016年2月26日・27日、, プレミアムシンフォニックコンサート ~花總まり・愛に生きた女王を綴る~(2020年1月17日/オーチャードホール、2月23日/NHK大阪ホール), プレミアムシンフォニックコンサート ~花總まり・女王たちの物語~ Xmasバージョン(2020年12月12日/オーチャードホール), BS時代劇 『明治開花 新十郎探偵帖』 第1話 (2020年/NHK) - アツ子役, 『AOTL & Friends Live』(2012年5月/STB139)スペシャルゲスト, 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2013』(2013年6月/東京国際フォーラム・ホールC), 『Kanji Ishimaru in concert 2013』(2013年6月/サンケイホールブリーゼ、同年7月/東京国際フォーラム・ホールC)ゲスト, 『Golden Songs』(2015年2月/東京国際フォーラム・ホールC)ゲスト, 『姿月あさと 30th Anniversary リサイタル~宇宙(コスモス)~』(2017年4月29日/赤坂ACTシアター)ゲスト, 大河ドラマ「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜(2017年5月28日/, 『東儀秀樹 源氏物語音楽絵巻 ~儚き夢幻~』(2018年1月3日/東京国際フォーラム・ホールC), 『1789 -バスティーユの恋人たち-』 2016年版キャスト ハイライト・ライヴ録音盤CD(2016年), 『レディ・ベス』 2017年版キャスト Flower version(2018年), エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート(2017年). 研10-15. 花總まりさんを語る上で欠かせないのが、数々の伝説を生んだ宝塚歌劇団時代。 入団4年目の1994年から2006年まで、なんと12å¹´3ヶ月に渡って娘役トップを務め上げてきました。

小学生 英単語 ドリル, 国土交通省 人事 予想 2021, 犬 バリカン ドギーマン, ジェラートピケ ポンチョ レディース, メルカリ 悪い評価 例文, おでこニキビ 治し方 即効, 四国 ペット可 コテージ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です