チャイコフスキー ロメオとジュリエット 解説

この曲はチャイコフスキー29歳の時の作品で、音学院を卒業してわずか4年後に書かれたものです。作曲家で『ロシア5人組』のひとりであるバラキレフの勧めに従い、シェイクスピアの『ロメオとジュリエット』を題材とした管弦楽曲の作曲に取りかかったことはよく知られています。 イギリス史上最高の作家にして、今なお世界中で愛され続けている人物——。それがウィリアム・シェイクスピアでしょう。彼の残した作品は様々ですが、一般には四大悲劇に代表される「悲劇」を描いた作家として認識されることが多いかもしれません。 幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。, 1869年の9月から11月にかけて作曲され、1870年3月16日、モスクワにおいてニコライ・ルビンシテインの指揮によって初演された。楽譜は1871年にベルリンで出版されたが、その際に大幅な改訂が行われた。その後も改訂が行われ、現在演奏される決定稿が出版されたのは1881年である。, 交響曲第1番と第2番の間に作曲されたこの曲が、チャイコフスキーの最初の傑作という声も多い。, 1868年、チャイコフスキーは当時ロシア音楽界で実権を握っていたロシア5人組の代表格であるミリイ・バラキレフと知り合い、自身の作品を彼に献呈して批評を仰ぐなどしながら交友を深めていった。それから1869年8月にバラキレフがチャイコフスキーの元を訪ねた折、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材とした作品の作曲を勧めたとされる。その際、曲に用いる主題とその調性など、細かい部分に関しても具体的な助言を与えたほか、「作曲の筆が進まない」というチャイコフスキーの手紙に自ら譜例を書き添えて返事を送ることもあった。, こうして第1稿が完成。その後もバラキレフの批評を受け入れながら、第2稿、第3稿(決定稿)と改訂していくことになる。なお、題名に“幻想序曲”と付けられたのは第2稿からである。, ピッコロ、フルート2、オーボエ2、コーラングレ、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、テューバ、ティンパニ、大太鼓、シンバル、ハープ、弦五部, アンダンテ・ノン・タント・クヮジ・モデラート、嬰ヘ短調、4/4拍子、修道僧ロレンスを表すコラール風の荘重な序奏をクラリネットとファゴットが奏でる。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker). ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー: <disc1> 1. チャイコフスキー / Tchaikovsky, Pytr Il'ich - チャイコフスキー(1840-1893)ロシアが誇る作曲家の一人、ピョートル・チャイコフスキー(ピョートル・イリイーチ・チャイコーフスキイ)は、1840年4月25日(新暦5月7日、以後露暦標記)、ヨーロッパ・ロシアの東部に位置する町、ヴォトキンスクに … チャイコフスキー:ロメオとジュリエット 組曲≪くるみ割り人形≫の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。 また完成からおよそ10年後にチャイコフスキー自身によって改訂が施され、1881年に再度出版されています。 幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、チャイコフスキーと親しかったロシア五人組の代表格、バラキレフからの助言を得て作曲に着手されています。 スラヴ行進曲 作品31、 3. チャイコフスキー:序曲≪1812年≫、弦楽セレナード 交響的バラード≪地方長官≫、幻想序曲≪ロメオとジュリエット≫ 演奏: サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニック交響楽団 チャイコフスキーがバラキレフに勧められて幻想序曲「ロメオとジュリエット」を書いたのが1869年(29歳の時)(初演は翌年)。 セルゲイ・プロコフィエフがバレエ音楽として52曲からなる全曲を完成させたのが1935年(44歳の時)だった。 大砲をぶっぱなすド派手な演出! ロシアの勝利と凱旋を祝う景気のいい1曲!! 自分の気持ちをバク上げしたい時に聴こう!!! チャイコフスキー: 祝典序曲「1812年」 大砲炸裂! カテドラル(大聖堂)の鐘も鳴り響く!! そんな、 むっちゃ元気にしてくれる「勝利」がテーマの1曲! 幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。 チャイコフスキー/幻想序曲《ロメオとジュリエット》 概観 チャイコフスキーは他にもシェイクスピア物を書いていますが、特に『ロメオとジュリエット』は人気が高く、ベルリオーズやプロコフィエフも後世に残る音楽を作曲しました。 チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op.74 「悲愴」 (アンコール) ロミオとジュリエット(シェイクスピア)のあらすじ ロミオとジュリエットは1595年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇です。 シェイクスピア作品の中でも特に有名な話で、オシャレだけどまず使う機会のない名言が沢山出てきます。 ドラマティックな展開の悲劇であり、現代でも、映画の題材などに取り上げられるのが「ロメオとジュリエット」ですね。 そして、音楽の「ロメオとジュリエット」といえば、プロコフィエフが作曲した、「バレエ音楽『ロメオとジュリエット』」が有名です。 こんな解説があります。 解説にあるように「ロメオとジュリエット」と言えば、チャイコフスキーやあるいは、ベルリオーズなども有名です。 その中でも、最も長い時間 … チャイコフスキー Tchaikovsky 祝典序曲 1812年 Overture solennelle "1812" スラヴ行進曲 Slawischer Marsch 幻想的序曲 ロメオとジュリエット Romeo und Julia ELECTROLA:1C 063-02365 DE 2nd 序曲「1812年」 作品49、 2. 解説:諸石幸生。(BMG) ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-1893) ・幻想序曲『ロメオとジュリエット』(録音:1961年4月3日) リヒャルト・シュトラウス(1864-1949) 検索結果 217 のうち 1-48件 "チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」" 主な検索結果をスキップする 無料配送の対象です オーケストラがフィナーレの開幕を爆発的に告げると弦楽器がエネルギッシュに旋律をかき鳴らします。 まずは第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 この映像はこちらのDVDに収録されています。 名盤紹介:チャイコフスキー作曲:弦楽セレナード. チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」は、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を題材として作曲した演奏会用序曲です。 ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると 「ロメオとジュリエット」のあらすじ ... チャイコフスキーの曲は、ここからはじまる。ああ、憎い。バルコニーのシーンを書かないなんて。 ... 以上が、あらすじと、簡単な譜例を用いた楽曲解説である。 チャイコフスキーの交響曲の中で最も人気のあるのは、この交響曲第5番です。このページでは解説のあと、おすすめの名盤をレビューしていきます。 解説 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー… 弦楽器が奏でる甘く美しい旋律は燃え上がるロメオとジュリエットの愛の調べです。 甘くもせつない旋律が高揚し昇り詰めると2人の恋の悲劇の原因である両家の激しい抗争を描く抗争のテーマが演奏されます。 まずはこの部分をダイジェストで聴いてみましょう! グスターボ・ドゥダメル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2014年 ヴァルトビューネ・コンサートより (※ヴァルトビューネ・コンサートはベルリン … 続くアレグロ・ジュスト、ロ短調、ソナタ形式による主部では、モンタギュー家とキャピュレット家のいさかいを表す激情的な第1主題が現れる。弦楽器と管楽器の激しい掛け合いは両家が剣を交わすところをイメージしている。少しずつ落ち着いてきたところで変ニ長調へと転調し、コールアングレと弱音器つきのヴィオラによりロメオとジュリエットの恋を描く甘美な第2主題が現れる。ヴァイオリンが敵の家の人に恋をしてもいいのかと2人が悩む様子を奏でた後 フルートとオーボエによって再び第2主題が奏でられる。第2主題は2人が別れを惜しむかのように収束し、再び第1主題が序奏の主題を伴いながら断片的に現れ、両家が激しく争っている様子を奏でる。弦楽器が下降すると、オーボエにより先ほど弦楽器によって奏でられた2人が悩む様子のメロディーが演奏され、それに続いて第1主題と第2主題が再現される。ロメオとジュリエットの恋を描く第2主題を弦楽器が演奏した後、トランペットが2人の死を暗示するメロディーを歌う。各主題が交錯しながら盛り上がりは最高潮に達し、仮死状態にあるジュリエットを死んでしまったと勘違いしたロミオの気持ちを表すかのようにより一層激しい曲調になったあと鋭い1音が奏でられる。これはロミオが毒薬によって死んでしまったことを表している。また続くティンパニによる鋭い1音は目が覚めたジュリエットがロミオを追いかけて自死したことを表す。ティンパニのロールが終わると終結部へ。モデラート・アッサイの終結部は、葬送行進曲風のティンパニの心臓の音を表す刻みに悲しげな第2主題が重なり、ロ長調で木管楽器が天に召される2人の様子を清らかに奏でると、最後はトゥッティの緊迫した和音で終わる。, チャイコフスキーが“幻想序曲”と銘打った作品は他に2曲あり、いずれも『ロメオとジュリエット』と同様にシェイクスピアの戯曲を題材としている。, Performed by the Skidmore College Orchestra, courtesy of, Tschaikowsky:Romeo und Julia – Fantasie-Ouvertüre, Pyotr Ilyich Tchaikovsky:Romeo and Juliet, Fantasy Overture, Tchaikovsky Fantasie-ouverture 'Romeo en Julia', https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロメオとジュリエット_(チャイコフスキー)&oldid=78417745. ピョートル・チャイコフスキー(Pyotr Tchaikovsky/1840年~1893年)の幻想序曲「ロメオとジュリエット」は、1869年に作曲され翌年1870年に初演された作品です。 チャイコフスキーは1866年に初めて交響曲を書きました。 そして1868年には、サンクトペテルブルクでロシア5人組(ミリイ・バラキレフ、ツェーザリ・キュイ、モデスト・ムソルグスキー、アレクサンドル・ボロディン、ニコライ・リムスキー=コルサコフ)と交流を持つようになりました。 そしてその少し後に書かれたのが「ロメオとジュリエット」です。, 音楽院を卒業してから4年後の彼が29歳の頃の作品で、彼の初期の傑作としても知られています。 彼の初期の作品の中では、コンサートでもよく聴かれる数少ない作品の一つでもあります。, ここではチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」の解説と名盤を紹介したいと思います。, タイトルからもすぐわかる通り、この作品はシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」が題材となっています。 「ロミオとジュリエット」は1595年前後とされており、その悲劇的な恋愛ストーリーの性格上か、チャイコフスキーだけでなく多くの音楽家たちがこれをテーマとして作曲しています。, チャイコフスキーは文学作品を愛したことでも知られています。 多くの音楽家がそうなったように、「ロミオとジュリエット」がチャイコフスキーの音楽に刺激を与えてくれたのは当然なのかもしれません。, 実はチャイコフスキーが「ロミオとジュリエット」をテーマにオペラを書こうとしたという記録も残っているそうです。 チャイコフスキーの書くロシア的で壮大な「ロミオとジュリエット」のオペラも観てみたかったですね。, 前述したとおり、彼は「ロミオとジュリエット」を書く少し前(1868年)に「ロシア5人組」と出会っています。 チャイコフスキーはその「ロシア5人組」のまとめ役として知られているミリイ・バラキレフに自身の曲を批評するなどしてもらっていました。 そのバラキレフから作曲を勧められた題材が「ロミオとジュリエット」だったのです。, この「ロミオとジュリエット」の作曲もバラキレフの助言も加わって進んでいきました。 バラキレフの力がなければ、もしかするとこの名作は生まれていなかったのかもしれません。 チャイコフスキーはこの他にも「マンフレッド交響曲」などいくつか作品にバラキレフの助言を取り入れています。, ちなみにこの作品には幻想序曲と付いていますが、この言葉が加わったのは初演後に改訂された後に加えられました。, 全体を通して20分程度のこの作品は、もちろん「ロメオとジュリエット」のストーリーを音楽で表現しています。, モンタギュー家の一人息子ロメオとキャピュレット家の一人娘ジュリエットは、フランシスコ会の修道僧ロレンスの元で秘かに結婚します。 冒頭のクラリネットとファゴットによる重々しい序奏は、修道僧ロレンスを表現しており、それと共にかつてヴェローナで起こった2人の恋人の悲劇を思い起こさせます。, 続いて流れるのはモンタギュー家とキャピュレット家の対立の音楽です。(第1主題) 弦楽器と管楽器によるダイナミックな演奏が両家による剣の交わりによる戦闘が表現されています。, 変ニ長調に変化したところで、ヴィオラがロメオとジュリエットの愛のテーマを演奏し、後にそれがフルートとオーボエに渡されます。(第2主題) 第1主題(戦闘)が登場し、さらに第1主題と第2主題(愛)が再現された後に、トランペットによる二人の死への暗示の音楽が演奏されます。, 盛り上がりの中、瀕死の状態のジュリエットを見たロメオは、彼女が死んだと思い違いをしてしまいます。 ロメオは毒薬で命を絶ち、激しい音楽からの鋭い1音がそれを表現しています。 さらなるティンパニによる鋭い1音は、それをみたジュリエットが後を追って命を絶ったことを表現しています。, 木管楽器が天に昇るような音楽を奏で、最後の盛り上がりを迎え作品は終わります。 ラストのハープの清らかな音色も印象的です。, ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者, 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』は、彼の傑作のひとつに数えられるバレエ音楽です。 バレエ音楽全曲が演奏される機会は少ないですが、コンサートでは抜粋や組曲を聴く機会があると思います。 「ジュリエットの墓の前のロメオ」 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 Op.16 (ソリストアンコール) リャードフ:音楽玉手箱(おどけたワルツ) Op.32 . タイトルからもすぐわかる通り、この作品はシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」が題材となっています。 「ロミオとジュリエット」は1595年前後とされており、その悲劇的な恋愛ストーリーの性格上か、チャイコフスキーだけでなく多くの音楽家たちがこれをテーマとして作曲しています。 代表的な例を挙げるだけでも、 と歴史に名を残す音楽家たちがズラリと見られます。 チャイコフスキーは文学作品を愛したこと …

愛知県 ミヤマクワガタ 採集, 年収 生活レベル 独身, 食べログ 大阪 ランチ, ソチオリンピック 羽生 結 弦, あつ森 島メロ ディズニー アラジン, ぷよぷよ通 決定盤 違い, 大阪府立大学 現代システム科学域 環境システム学類, 住む ところが ない女性, コナン 長野県警 登場回, アミューズ スカウト 場所, 上野 辛い ランチ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です